Top
7/5
7/6
7/7
7/8
7/9
7/10
7/11
7/12
Home 2006年7月 2004年7月 2003年10月 2002年6月 2001年6月 2000年11月 2000年7月

2006年7月12日

神様のくれた試練?

朝から風が強い。これは台風の風だ。ヤバいかも・・・

天気予報では8時頃、石垣島が台風4号の強風域に入ったとアナウンスする。ちょっと待ってよー。来るのは今日の午後からという話やったでしょうが。
どうやらスピードが上がって早まったらしい。さて、どうしたものか。

帰りの便は15:35発のJTA614を予約している。早期割引運賃なので予約変更が出来ない。というよりも早い那覇便は既に満席・・・まぁ、考えても始まらん。なるようになるさー。

台風接近中の川平湾朝食後ショップで荷物のパックと発送手配をする。横でスタッフが忙しそうに台風準備をしている。

当然今日はダイビングも中止だ。明日も無理だろう。ということは今日帰れんかったら明日も帰れんっちゅうこっちゃ。これは長い夏休みになるぞー。

横で友人は
"今日は焼肉、いっしょに行こう。予約しとこか?"
などと気楽なことを言う・・・まぁ、それも悪くないが。

八重山そば(大)とりあえず、ツアー最終日ということで昼食は恒例の川平公園茶屋の八重山そば(大)を食す・・・本当に最終日になるだろうか・・・まぁ、あと1,2回食べれるのも悪くないけど。

ちょっと早めに川平を後にし、海講座のスタッフに空港まで送ってもらう。途中で地元の果物屋に寄ってお土産用のマンゴーとパインを購入する。マンゴーは最近人気らしく地元でも高いとのこと。加えてこの天候で物があるかどうか心配だったが手ごろな大きさのマンゴーがあったので5個購入。そして香りに負けて横にあるパインを3つ購入。小さめのでいいというのに果物屋のおばぁは大きいのを3つ選んでくれた。

これは重いぞー。さらにおまけといって小さなパインを2個くれた。しかしパインもマンゴーも完熟でもし今日帰れんかったらまずいことになる。

海講座のスタッフは
"週末まではもたないかも知れませんよ。もし川平に戻ってきたら今夜は果物パーティをしましょう。食べるの手伝います。"
と気楽なことを言う。まぁそれも話のネタとしてはおもしろいが更なる出費は避けたいものだ。

空港に行くとJTA614は予定通りとのことなので一安心。海講座のスタッフにお礼を言って別れた。ところがその後、使用機材の到着遅れと整備ということで出発予定時刻が16:00、16:20とだんだん遅くなってとうとう16:40になった。

これはまずい。那覇で乗り継ぎ予定のJAL2088は17:40の出発で本来なら1時間以上余裕があるのに1時間以上遅れたらそれが全くなくなる。どうなるのかとJTAスタッフに尋ねるとしばらくして16:20のJTA148、伊丹への直行便に変更するとのこと。ただこちらも出発予定時刻が既に10分遅れとなっている。まぁ飛ぶんだったら問題はないが。

結局JTA148は20分遅れで石垣空港を離陸した。経由地の宮古島に到着し、一安心。これでちゃんと大阪に帰れる。夏休みは予定通り終わるということだ。

最後はちょっとスリルがあったが楽しい休暇だった。ただ、もうちょっとマンタを見たかったな。やっぱりマンタの季節は秋やな・・・

10月のリベンジへ向け、どうやって休みを取ろうかなどと既に考え始めている私を乗せ、JTA148は20分遅れで宮古空港を後にした。